リウマチ痛い.COM
腰が痛い 首・肩こり 首・肩が痛い 腕が痛い・痺れる 手指がぎこちない 股関節が痛い
背中が痛い 手指が痛い・痺れる 脚が痛い 歩きにくい 動くと膝が痛い 安静時も膝が痛い
リウマチ痛い イトマップ

関節リウマチの症状
 ・初期段階の典型的症状
 ・特徴的症状:自覚症状前触れ
 ・関節症状:痛み・腫れ進行
 ・全身に現れる症状
 ・血管の炎症症状

関節リウマチの診断方法
 ・早期対処のための病状知識
 ・早期発見のチェックポイント
 ・受診が必要となる症状の目安
 ・関節以外の注意すべき症状
 ・受診すべき科目や病院
 ・医師や病院の活用法
 ・受診前の事前準備
 ・初診時に受ける検査
 ・血液検査での判明事項
 ・炎症程度の検査
 ・他の病気との鑑別の検査
 ・診断が困難なケース
 ・治療に必要な定期検査

関節リウマチの治療
治療のための前提知識
  @治療プラン  A治療目標
  ・入院治療が必要な場合
  ・治療の土台の基礎療法
  ・関節保護の装具や自助具

薬物療法
 @最大の効果と最小限の副作用
 A妊娠中の薬物療法の扱い方
 ・非ステロイド性抗炎症薬
  ( 種類と使い方副作用
   @外用薬 A塗り薬・貼り薬
 ・抗リウマチ薬種類と使い方
   @免疫調整薬 A免疫抑制薬   B生物製剤  Cその他
 ・ステロイド薬
  ( 副作用一時的な使用
   @使用法 A特殊な使用法

リハビリテーション
  (急性期と慢性期でのの違い
  @理学療法 A温熱療法 
  B作業療法
  C運動療法 Dリウマチ体操

手術療法
  @滑膜切除A関節固定B頚椎固定  C人工関節置換術 
  D腱再建術E足趾形成術
  ・手術療法を受ける決断材料

関節リウマチの基礎知識
 ・歴史と分類
 ・好発要因
 ・主な症状 ・症状・経過
 ・痛みの種類・対策全身性症状
 ・関節変形の原因
 ・診断法 ・診断や治療方針
 ・検査法・内容レントゲン検査

 ・4つの治療法療養の秘訣
 ・基礎的療法( 食事療法
)
 ・運動療法・リハビリ
 ・筋力増強・可動域増大訓練
 ・温熱・寒冷・水治療法
 ・リウマチの薬物療法
  @非ステロイド性消炎鎮痛薬
  Aステロイド剤
 ・薬物療法の注意点
 ・リウマチの民間療法
  @漢方薬・鍼灸・マッサージ
  A健康食品
 ・リウマチの手術療法
  @滑膜切除術 A関節形成術
  B人工関節置換術
 ・手術療法の注意点

膝の病気と治療法
変形性膝関節症
 ・膝痛の仕組みO脚=オーキャク
 ・経過・症状受診が必要な時期
 ・膝痛を和らげる(自宅外出)
 ・膝痛・関節痛が酷い時の対処法
 ・家庭でもできる保存療法
  @運動療法行う上の注意点
  A膝関節を鍛える方法
  B可動域を広げる方法
  Cウォーキング方法
  Dダイエット継続する秘訣
  ・杖・手すり・歩行器
  ・膝関節の補助具:足底板など
 ・医療機関における保存療法
  @薬物:内服薬・外用薬・坐薬
  A関節液を抜く治療
  B物理療法:温熱・電気各療法
 ・手術療法
  →術法選択目安術後リハビリ
  @関節鏡視下手術
  A高位脛骨骨切り術
  B人工膝関節置換術


痛風・偽痛風(仮性痛風)

スポーツによる怪我(外傷)
 ・スポーツによる膝の痛み予防法
  @スポーツでの靭帯損傷
  Aスポーツでの半月板損傷
  Bスポーツのやり過ぎ
  (1)ランナー膝(腸脛靱帯炎)
  (2)ジャンパー膝(膝蓋腱炎)
  Cオスグッド・シュラッター病
  D離断性骨軟骨炎
神経病性関節症 ・膠原病
化膿性関節炎
大腿骨顆部壊死
色素性絨毛結節性滑膜炎
成長期の子どもに起こる膝痛

膝・膝関節の手術療法
 ・治療での手術療法の位置づけ
 ・膝関節の各種の手術療法
  @関節内郭清術
  A高位脛骨骨切り術
  B人工関節術 C関節固定術
 ・全体的な流れ ・リハビリや訓練
 ・必要な場合  ・費用(コスト)

腰椎(腰痛症)の病気
 ・腰椎の病気  ・ぎっくり腰
 ・腰椎の外傷  ・スポーツ障害
 ・腰椎症(変形腰椎症など)
 ・椎間板ヘルニア
 ・脊柱管狭窄症 ・心因性腰痛
頚椎・胸椎(背骨の首)の病気
 ・頚椎症(頚椎椎間板ヘルニア)
 ・頚肩腕症候群(肩こり)
 ・胸郭出口症候群
 ・脊柱靭帯骨化症
 ・頚椎捻挫(むち打ち症)
 ・頚椎・胸椎の外傷
 ・骨粗鬆症 ・脊椎骨折
 ・脊椎腫瘍 ・脊髄腫瘍
 ・リウマチ性脊椎炎
 ・強直性脊椎炎 ・破壊性脊椎症
 ・感染性脊椎炎
  @化膿性  A結核性
 ・転移性脊椎腫瘍
 ・脊柱弯曲異常
  @脊柱側弯(脊柱弯曲異常)
  A脊柱後弯(脊柱弯曲異常)
 ・整形外科以外の病気 

リウマチを理解して上手に克服・付き合うために

 関節リウマチに悩んでおられる患者さんは、日本においては、70万人をゆうに超える人数がいると推定されております。この関節リウマチという病気の原因は、今現在では、ひとつの原因で起こるのではなく、遺伝的な要因や感染、免疫(ウイルスや細菌などが体内に侵入した際に、排除して自分の身体を守ろうとする働き)の異常などのさまざまな要因が複雑に重なり、からみあって起こってくる病気であると考えられております。しかしながら、関節リウマチが発症してから骨や軟骨(ナンコツ)が破壊されて、著しい機能障害に至る過程(プロセス)は、近年の遺伝医学や分子医学の進歩によって、その大部分が解明されてきております。中でも特に、関節リウマチの主な病巣である関節滑膜(カンセツカツマク)の活性化や増殖に関与しているさまざまな分子がなどが解明されてきており、それらが治療の標的(ターゲット)とされてきております。
 さて、このような関節リウマチを取り巻く技術の進歩をふまえて、日本においても、ようやく新しい経口薬(口から摂取するタイプの薬剤)などが認可されて、あるいは数多くの生物学的製剤が臨床試験や前臨床試験に入ってきております。このような治療薬が実際に医療実務の現場で使われ始めてくると、関節リウマチの治療体系にもほぼ目途がついてくると言えるでしょう。こうしたことに加えて、人工関節など手術療法による治療の著しい進歩は、進行した関節リウマチの患者さんの機能回復に大きな効果をもたらしていくでしょう。

 関節リウマチは、30代〜40代の働き盛りの女性に多く見られる難病です。しかしながら、「朝のこわばり」や「関節の腫れ」、「関節の痛み」という初期的な症状を見逃さずに、すぐに治療を始めれば、病気の悪化は最小限に防ぐことができます。当サイトの各ページを参考にして、自覚症状に事前に注意して気づくために、正しい知識を身につけておきましょう。
 また、全国におよそ70万人以上の患者さんがおられるという関節リウマチは、免疫(ウイルスや細菌などが体内に侵入した際に、排除して自分の身体を守ろうとする働き)の異常によって起こる「自己免疫疾患」のひとつです。発病の引き金には、ウイルス感染など環境的な要因が大きくかかわっております。病気と闘い克服していくためには、当サイトの各ページを参考にして、病気の仕組みに対する欠かせない知識を得るようにしましょう。
 加えて、関節リウマチは、早期発見、早期治療によって、病気の進行を食い止めて、関節の変形を防ぐことは可能です。「早期関節リウマチ」の診断基準で自己チェックを行い、早めの受診につなげていきましょう。リウマチ科の専門医であれば、早期でも診察と的確な検査によって、診断をつけることは可能です。  関節リウマチの治療は、担当の専門医と患者さんとの二人三脚で行うことが最良の方法です。まずは、患者さんは担当の専門医を信頼して(逆に言えば信頼できる医師を見つけて)、病気への正しい知識を持ちましょう。患者さんご自身が自分の病気の状態や治療の内容に関しても、担当の専門医から十分に説明を受けて、しっかりと理解して治療を受けるようにしてください。ただし、関節リウマチという病気は、根本的な治療法がいまだ見つかっていない病気で、薬物療法が治療の柱となっております。よく効く薬には必ず副作用もありますが、患者さんの病状に合って適切な治療こそが病気に負けないための第一歩ですので、薬剤に対する正しい知識を持って、治療に取り組んでください。そして、リハビリテーションは、薬物療法、基礎的療法、手術療法と並ぶ、関節リウマチの治療の4本柱として、運動療法(膝を支える筋肉を鍛える体操や膝関節の可動域を広げるストレッチングなど)として確立されております。このリハビリテーションの重要な目的は、現在の症状の改善と、生活の不自由さの改善のふたつがあり、家庭でできるリハビリテーションや通所リハビリテーションを継続して自立度を高めて、QOL(Quality of Life:生活の質)を向上させましょう。また、薬物療法などでは関節リウマチの病状の改善が難しい場合、手術療法を受ければ関節の障害を回避して、QOL(Quality of Life:生活の質)を向上できるときには、手術療法が検討され勧められます。手術療法は局所療法で、1回では済まない場合もあります。だから、関節リウマチの手術療法の長所と短所を冷静に判断して決めることが重要となります。
 そして、関節リウマチには、痛む関節や全身の安静とともに、精神的な安静が特に必要となります。趣味などの楽しみを持ってストレスを上手に解消しましょう。そして、福祉制度やボランティア、自助具など、利用できるものを活用すれば、不自由さを補って、生活の動作を楽にしてくれます。

 当サイトにおいては、長い間に渡って、難病として言われてきた働き盛りの女性をおそう関節リウマチの基本的な知識と近年の状況を皆さんに知っていただきたく作成しました。
 現在の日本社会は、少子高齢化が急速に進行し、超高齢社会を迎え、必然的に整形外科の疾患を患う方も非常に増加することが予想されます。関節リウマチだけではなく、「変形性膝関節症」やその他のの痛みを引き起こす病気は、加齢に伴って患者数が増加していく病気ですから、痛みに苦しまれる方はどんどん増加していくことも予想されますね。
 また、本サイトでは、腰痛や関節痛、膝(ヒザ)の痛みなどに苦しんでおられる方がうまく病気と付き合い、コントロールしていくための解説サイトです。病気を理解するための知識や、症状を抑えるための自己管理方法、日常の生活上の注意点など含めて、わかりやすく解説するよう心がけました。患者さん自身が病気を理解し、克服できるために本サイトを役立てて頂ければ幸いです。

◆関節リウマチの療養と日常生活の工夫◆
 ・趣味をリウマチのリハビリに生かす ・家事や仕事を続けるための工夫
 ・コミュニケーション補助用具
 衣服のポイント・着替え(着脱)の自助具 ・ 衣服の市販既製品の活用
 食事のポイント・食事の自助具の活用法 ・ 食生活の注意点
 自宅改修のポイント@トイレの場合 A浴室(お風呂)の場合
 ・歩きやすい「靴」の活用法 ・上手な「杖」の活用法 ・転倒防止の工夫
 ・活用できる介護支援サービス民間ボランティア ・療養生活の相談先
関節リウマチの基礎知識
 ・病気としての位置づけ
 ・若年性リウマチの特徴
 ・痛みの原因と炎症
 ・リウマチで起こること
 ・リウマチ因子 ・環境因子
 ・原因別5分類 ・患いやすい原因
 ・遺伝性の有無 ・女性に多い理由
 ・リウマチと間違えやすい病気
 ・関節などに症状が出る類縁疾患
 ・患者の現状
 ・原因の究明状況
 ・歴史と語源
膝痛の病気のマメ知識
 ・膝痛を起こす肥満(メタボ)
 ・膝痛(変形性関節症)の遺伝性
 ・正座が起こす膝痛

膝・膝関節の仕組み
 ・膝関節の構造と働き
 ・膝の動作に関わる筋肉

膝・膝関節の検査と診断法

 ・膝の痛みの問診と検査
 ・膝の基本的な検査
 ・膝の病気を鑑別する検査
腰痛の検査・診断
 ・医師に診せるタイミング
 ・問診での病状の伝え方(要点)
 ・整形外科での診察方法
 ・腰痛に受診したときの検査例

自宅でのセルフケア・対処法

 ・急性腰痛の対処法
 ・慢性的・繰り返す腰痛の対処法
 ・冷やす・温める対処療法
  @冷やす場合 A温める場合
 ・腰痛の薬物療法
  ・腰痛の薬剤の適切な扱い方
  ・腰痛に使用される外用薬

整形外科の治療法
について
 ・日常生活の注意事項
 ・早期治療の生活習慣
 ・保存療法 薬物療法
  装具療法・温熱療法
 ・手術療法の留意事項
腰・関節の症状
@腰や背中の症状の病気
 ・腰が痛い
 ・背中が痛い
 ・背骨が曲がる(姿勢の異常)
A首や肩の症状の病気
 ・首・肩こりが酷い
 ・首・肩が痛い(動かせない)
B上半身・全身の症状の病気
 ・腕が痛い(力が入らない)
 ・手指が痛い(手足が痺れる)
 ・手指がぎこちない
 ・手足が脱力・麻痺する
C下半身・全身の症状の病気
 ・脚が痛い
 ・お尻から脚への放散痛・痺れ
 ・歩きにくい(長く歩けない)
 ・股関節が痛い(歩けない)
 ・骨折しやすい
D膝・膝関節の症状の病気
 ・動くと膝が痛い(可動時痛)
 ・安静時も膝が痛い(安静時痛)
 

突発性難聴
突発的な難聴対策や原因の解説、難聴に関連する病気全般の対策まとめサイト
toppatu.com

咳・痰
咳(セキ)や痰(タン)などが症状に出る病気や原因・セルフケアなどのまとめサイト
sekitann.com

甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
koujousen.net

目眩(めまい)
メニエール病や神経炎など、耳鼻科・脳外科の両方の目眩を起こす病気の情報をまとめたサイト
nannchou.com/memai
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・