膝(ヒザ)痛い.COM
腰が痛い 首・肩こり 首・肩が痛い 腕が痛い・痺れる 手足が脱力・麻痺 関節リウマチ
背中が痛い 手指が痛い・痺れる 脚が痛い 歩きにくい 股関節が痛い お尻の放散痛・痺れ
 膝(ヒザ)痛い > 運動療法・セルフケア > 膝痛時に関節に良い食事・栄養素:不足しがちなカルシウムやビタミンDを積極的に イトマップ

膝・膝関節の症状別病気
 ・動くと膝が痛い(可動時痛)
 ・安静時も膝が痛い(安静時痛)

下半身・全身の症状
 ・手足が脱力・麻痺する
 ・脚が痛い
 ・お尻から脚への放散痛・痺れ
 ・歩きにくい(長く歩けない)
 ・股関節が痛い(歩けない)

膝の病気と治療法
変形性膝関節症
 ・膝痛の仕組みO脚=オーキャク
 ・経過・症状受診が必要な時期
 ・膝痛を和らげる(自宅外出)
 ・膝痛・関節痛が酷い時の対処法
 ・家庭でもできる保存療法
  @運動療法行う上の注意点
  A膝関節を鍛える方法
  B可動域を広げる方法
  Cウォーキング方法
  Dダイエット継続する秘訣
  ・杖・手すり・歩行器
  ・膝関節の補助具|足底板など
 ・医療機関における保存療法
  @薬物:内服薬・外用薬・坐薬
   ヒアルロン酸注射ステロイド薬注射
  A関節液を抜く治療関節水腫
  B物理療法|温熱・電気各療法
 ・手術療法
  →術法選択目安術後リハビリ   @関節鏡視下手術
    →手術方法術後のリハビリ
  A高位脛骨骨切り術条件
    →クローズドウェッジ法
    →オープンウェッジ法
    →合併症術後のリハビリ
  B人工膝関節置換術条件
    →具体的な手術方法
    →合併症術後のリハビリ

関節リウマチ
 ・経過  ・主な症状
 ・主な検査・診断方法
 ・治療法と生活の注意点
  @薬物療法 A手術療法
痛風・偽痛風(仮性痛風)
 ・痛風の特徴的な症状
  ≫治療法と生活上の注意
 ・偽痛風の症状と治療法
スポーツ(外傷)
 ・スポーツによる膝の痛み予防法
  @スポーツでの靭帯損傷
  Aスポーツでの半月板損傷
  Bスポーツのやり過ぎ
  (1)ランナー膝(腸脛靱帯炎)
  (2)ジャンパー膝(膝蓋腱炎)
  Cオスグッド・シュラッター病
  D離断性骨軟骨炎
神経病性関節症 ・膠原病
化膿性関節炎
大腿骨顆部壊死
色素性絨毛結節性滑膜炎
成長期の子どもに起こる膝痛

膝・膝関節の手術療法
 ・治療での手術療法の位置づけ
 ・膝関節の各種の手術療法
  @関節内郭清術
  A高位脛骨骨切り術
  B人工関節術 C関節固定術
 ・全体的な流れ ・リハビリや訓練
 ・必要な場合  ・費用(コスト)

膝・膝関節のセルフケア
 ・正座と膝痛 ・階段上り下り
 ・杖の活用法・選び方
 ・靴と足底具の活用方・選び方
 ・サポーターの活用法
 ・肥満解消:減量(ダイエット)
 ・関節に良い食事・栄養素
 ・サプリ・栄養剤の活用法

腰椎(腰痛症)の病気
 @腰痛の痛み方の種類
 A腰に起因する脚の痛みや痺れ
 B起きている事 C原因別腰痛
 D治療の基本的な考え方
 ・腰椎の病気  ・ぎっくり腰
 ・腰椎の外傷  ・スポーツ障害
 ・腰椎症(変形腰椎症など)
 ・椎間板ヘルニア
 ・脊柱管狭窄症 ・心因性腰痛
頚椎・胸椎(背骨の首)の病気
 @起きている事 A疾患の種類
 B病気予防   C治療の基本
 ・頚椎症(頚椎椎間板ヘルニア)
 ・頚肩腕症候群(肩こり)
 ・胸郭出口症候群
 ・脊柱靭帯骨化症
 ・頚椎捻挫(むち打ち症)
 ・頚椎・胸椎の外傷
 ・骨粗鬆症 ・脊椎骨折
 ・脊椎腫瘍 ・脊髄腫瘍
 ・リウマチ性脊椎炎
 ・強直性脊椎炎 ・破壊性脊椎症
 ・感染性脊椎炎
  @化膿性  A結核性
 ・転移性脊椎腫瘍
 ・脊柱弯曲異常
  @脊柱側弯(脊柱弯曲異常)
  A脊柱後弯(脊柱弯曲異常)
 ・整形外科以外の病気 

膝痛時に関節に良い食事・栄養素:不足しがちなカルシウムやビタミンDを積極的に

- 膝関節痛の運動療法・セルフケア

膝痛い

≪前のページ「膝痛解消には肥満解消:減量(ダイエット)を行い膝関節の負担軽減」≪

膝痛時に関節に良い食事・栄養素

 骨と骨をつなぐ役割をしている関節に関わる栄養素について、詳しく説明していきましょう。関節は骨と骨をつなぐ役割をしていますので、骨を作るための栄養素であるカルシウムは無くてはならない必要不可欠の栄養素です。カルシウムという栄養素は、血液中や筋肉、細胞膜の中にも含有されており、蛋白(タンパク)質やグリコーゲンの代謝、細胞分裂、ホルモンの分泌(ブンピツ)、血液の凝固(ギョウコ)などを行っております。こうしたことに加えて、神経や筋肉、心臓の鼓動を調整したりというような重要な役割も担っているのです。
 また、歯や骨などに関して言うと、これらはカルシウムの貯蔵庫でもあります。だから、血液中のカルシウムが減少しますと、歯や骨からカルシウムが分泌(ブンピツ)されて、足りない分を補おうとします。このように貯蔵されたカルシウムが不足してしまいますと、体内ではさまざまな障害が引き起こされてきます。「骨粗鬆症(コツソショウショウ)」などもそのひとつの結果と言えるでしょう。特に、女性に関しては、閉経後、ホルモンの分泌(ブンピツ)に変化があって、骨粗鬆症(コツソショウショウ)をはじめとする骨の病気になりやすいですので、注意する必要があります。
 例を挙げますと、カルシウムを多く含む食品としては、牛乳が代表的な食品ではありますが、1日に必要なカルシウムの量は600ミリグラムとされておりますので、牛乳ビンで言えば毎日3本飲まなくてはいけません。しかしながら、牛乳のほかにも、小魚や海藻類、チーズなどを摂取することによって、カルシウムを上手に摂取することが可能ですので、さまざまな種類の食品を選んでいくことが重要でしょう。

 

秘訣は魚類からビタミンD摂取と日光に当たること

 膝関節をはじめとした関節全般にとって良い栄養素としては、カルシウムの他に、ビタミンDも重要です。つまり、ビタミンDはカルシウムの吸収を助けて促進し、歯や骨に沈着させます。だから、骨に対しては、カルシウムとビタミンDは切ってもきれない関係にあると言っても差し支えないでしょう。ビタミンDは、サンマやサバ、カツオといったような魚に多く含まれておりますので、肉類よりも魚を中心にした食生活のほうが、効率よく栄養を摂取することが可能でしょう。
 こうしたことに加えて、ビタミンDは、紫外線に当たることで、体内で合成されて作り出されますので、外出を積極的にするなどして、適度な日光は行うように心がけましょう。当然のことながら、蛋白(タンパク)質も重要な栄養素になりますが、特定の食材にとらわれることなく、さまざまなバラエティに富んだ食材をおりまぜて、食生活を楽しみながら、栄養バランスのとれた献立をたてていくことが、ひいては膝痛・関節痛の克服にも良いのです。

≫次のページ「膝痛時のサプリメント・栄養剤の活用法:足りない栄養素を補うことは難しい」≫

 

◇「膝関節痛の運動療法・セルフケア」の関連記事◇

膝痛の治療のマメ知識
 ・医院に行く目安の病状や科目
 ・膝痛時の杖の使用
 ・入浴マッサージの効果
 ・膝痛に効果的なストレッチング
 ・家庭で可能な膝の治療法
膝痛対策の運動療法
 ・運動療法とは避けるべき場合
 ・筋力強化の運動療法
 ・ストレッチングの要点方法
 ・膝筋肉鍛錬の要点方法
 ・膝痛軽減する歩行療法
 ・水中ウォーキング
膝痛の病気のマメ知識
 ・膝痛を起こす肥満(メタボ)
 ・膝痛(変形性関節症)の遺伝性
 ・正座が起こす膝痛

膝・膝関節の仕組み
 ・膝関節の構造と働き
 ・膝の動作に関わる筋肉

膝・膝関節の検査と診断法

 ・膝の痛みの問診と検査
 ・膝の基本的な検査
 ・膝の病気を鑑別する検査
腰痛の検査・診断
 ・医師に診せるタイミング
 ・問診での病状の伝え方(要点)
 ・整形外科での診察方法
 ・腰痛に受診したときの検査例
自宅でのセルフケア・対処法
 ・急性腰痛の対処法
 ・慢性的・繰り返す腰痛の対処法
 ・冷やす・温める対処療法
  @冷やす場合 A温める場合
 ・腰痛の薬物療法
  ・腰痛の薬剤の適切な扱い方
  ・腰痛に使用される外用薬
整形外科の治療法について
 ・日常生活の注意事項
 ・早期治療の生活習慣
 ・保存療法 薬物療法
  装具療法・温熱療法
 ・手術療法の留意事項
腰・関節の症状
@腰や背中の症状
 ・腰が痛い
 ・背中が痛い
 ・背骨が曲がる(姿勢の異常)
A首や肩の症状
 ・首・肩こりが酷い
 ・首・肩が痛い(動かせない)
B上半身・全身の症状
 ・腕が痛い(力が入らない)
 ・手指が痛い(手足が痺れる)
 ・手指がぎこちない
 ・手足が脱力・麻痺する
C下半身・全身の症状
 ・脚が痛い
 ・お尻から脚への放散痛・痺れ
 ・歩きにくい(長く歩けない)
 ・股関節が痛い(歩けない)
 ・骨折しやすい


突発性難聴
突発的な難聴対策や原因の解説、難聴に関連する病気全般の対策まとめサイト
toppatu.com

咳・痰
咳(セキ)や痰(タン)などが症状に出る病気や原因・セルフケアなどのまとめサイト
sekitann.com

甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
koujousen.net
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・