膝(ヒザ)痛い.COM
腰が痛い 首・肩こり 首・肩が痛い 腕が痛い・痺れる 手足が脱力・麻痺 関節リウマチ
背中が痛い 手指が痛い・痺れる 脚が痛い 歩きにくい 股関節が痛い お尻の放散痛・痺れ
 膝(ヒザ)痛い > 運動療法・セルフケア > 膝痛解消には肥満解消:減量(ダイエット)を行い膝関節の負担軽減 イトマップ

膝・膝関節の症状別病気
 ・動くと膝が痛い(可動時痛)
 ・安静時も膝が痛い(安静時痛)

下半身・全身の症状
 ・手足が脱力・麻痺する
 ・脚が痛い
 ・お尻から脚への放散痛・痺れ
 ・歩きにくい(長く歩けない)
 ・股関節が痛い(歩けない)

膝の病気と治療法
変形性膝関節症
 ・膝痛の仕組みO脚=オーキャク
 ・経過・症状受診が必要な時期
 ・膝痛を和らげる(自宅外出)
 ・膝痛・関節痛が酷い時の対処法
 ・家庭でもできる保存療法
  @運動療法行う上の注意点
  A膝関節を鍛える方法
  B可動域を広げる方法
  Cウォーキング方法
  Dダイエット継続する秘訣
  ・杖・手すり・歩行器
  ・膝関節の補助具|足底板など
 ・医療機関における保存療法
  @薬物:内服薬・外用薬・坐薬
   ヒアルロン酸注射ステロイド薬注射
  A関節液を抜く治療関節水腫
  B物理療法|温熱・電気各療法
 ・手術療法
  →術法選択目安術後リハビリ   @関節鏡視下手術
    →手術方法術後のリハビリ
  A高位脛骨骨切り術条件
    →クローズドウェッジ法
    →オープンウェッジ法
    →合併症術後のリハビリ
  B人工膝関節置換術条件
    →具体的な手術方法
    →合併症術後のリハビリ

関節リウマチ
 ・経過  ・主な症状
 ・主な検査・診断方法
 ・治療法と生活の注意点
  @薬物療法 A手術療法
痛風・偽痛風(仮性痛風)
 ・痛風の特徴的な症状
  ≫治療法と生活上の注意
 ・偽痛風の症状と治療法
スポーツ(外傷)
 ・スポーツによる膝の痛み予防法
  @スポーツでの靭帯損傷
  Aスポーツでの半月板損傷
  Bスポーツのやり過ぎ
  (1)ランナー膝(腸脛靱帯炎)
  (2)ジャンパー膝(膝蓋腱炎)
  Cオスグッド・シュラッター病
  D離断性骨軟骨炎
神経病性関節症 ・膠原病
化膿性関節炎
大腿骨顆部壊死
色素性絨毛結節性滑膜炎
成長期の子どもに起こる膝痛

膝・膝関節の手術療法
 ・治療での手術療法の位置づけ
 ・膝関節の各種の手術療法
  @関節内郭清術
  A高位脛骨骨切り術
  B人工関節術 C関節固定術
 ・全体的な流れ ・リハビリや訓練
 ・必要な場合  ・費用(コスト)

膝・膝関節のセルフケア
 ・正座と膝痛 ・階段上り下り
 ・杖の活用法・選び方
 ・靴と足底具の活用方・選び方
 ・サポーターの活用法
 ・肥満解消:減量(ダイエット)
 ・関節に良い食事・栄養素
 ・サプリ・栄養剤の活用法

腰椎(腰痛症)の病気
 @腰痛の痛み方の種類
 A腰に起因する脚の痛みや痺れ
 B起きている事 C原因別腰痛
 D治療の基本的な考え方
 ・腰椎の病気  ・ぎっくり腰
 ・腰椎の外傷  ・スポーツ障害
 ・腰椎症(変形腰椎症など)
 ・椎間板ヘルニア
 ・脊柱管狭窄症 ・心因性腰痛
頚椎・胸椎(背骨の首)の病気
 @起きている事 A疾患の種類
 B病気予防   C治療の基本
 ・頚椎症(頚椎椎間板ヘルニア)
 ・頚肩腕症候群(肩こり)
 ・胸郭出口症候群
 ・脊柱靭帯骨化症
 ・頚椎捻挫(むち打ち症)
 ・頚椎・胸椎の外傷
 ・骨粗鬆症 ・脊椎骨折
 ・脊椎腫瘍 ・脊髄腫瘍
 ・リウマチ性脊椎炎
 ・強直性脊椎炎 ・破壊性脊椎症
 ・感染性脊椎炎
  @化膿性  A結核性
 ・転移性脊椎腫瘍
 ・脊柱弯曲異常
  @脊柱側弯(脊柱弯曲異常)
  A脊柱後弯(脊柱弯曲異常)
 ・整形外科以外の病気 

膝痛解消には肥満解消:減量(ダイエット)を行い膝関節の負担軽減

- 膝関節痛の運動療法・セルフケア

膝痛解消には肥満解消:減量(ダイエット)を行い膝関節の負担軽減 - 膝(ヒザ)痛い.COM

≪前のページ「膝痛時のサポーターの活用法:膝を保温して脱力しがちな膝関節の安定性を高める」≪

膝痛解消には肥満解消

 膝痛の代表的な病気とされる「変形性膝関節症(ヘンケイセイシツカンセツショウ)」の場合に、関連する要因として最も多く報告されていることは「肥満」です。特に女性においては、肥満と変形性膝関節症には、密接な関連性があると考えられております。一般的に言って、男女ともに40〜45歳を超えるあたりの年齢から、体脂肪が急激に増加してきて、筋肉量が低下してきます。こうしたことに加えて、全身の筋肉の中でも特に脚の筋肉が衰えやすく、筋肉量も低下してきますから、必然的に膝関節への負担は増加してきてしまうのです。

 しかしながら、昨今の傾向として、肥満とは言えない患者さんの場合であっても、食べない減量(ダイエット)をして体重のみを減少させようとする場合が少なくありません。だからこそ、自分自身が肥満か否かの判断はきちんとしておきたいものです。肥満は、体脂肪が過剰に蓄積された状態であり、肥満か否かの判断基準はいくつかありますが、最も簡単な方法をご説明しましょう。

 肥満の最も簡単な判断の方法は、「標準体重」から判断する方法です。この「標準体重」とは、身体を健康に保つ理想的な体重であり、日本肥満学会がBody Mass Index:BMI=体重(キログラム)÷(身長(メートル)の2乗)の数値が22の近辺で最も肥満にともなう合併症の出現が少ないという統計に基づいて、下記のように提示したものです。

標準体重(キログラム)=身長(メートル)の2乗 × 22

 そして、当然のことながら、この数式上で、標準体重が判明したら、自分自身の肥満の度合いも知ることが可能ですよね。すわなち、その計算式は、肥満度(%)=[(体重(キログラム)−標準体重(キログラム))÷体重]×100ですね。この計算式で出てきた数値が10パーセント未満なのであれば正常で、10〜20パーセント未満であれば過体重(やや肥り過ぎ)、20パーセント以上であれば肥満としています。現実に、体重を10キログラム程度減量(ダイエット)して、肥満から抜け出した方が、膝痛・関節痛が半減して、歩ける距離も倍増したという場合もあります。
 そして、患者さん自身の身体が肥満であると判明したら、さっそく減量(ダイエット)を行い、過体重の患者さんは肥らない生活を起こるようにしていきましょう。しかしながら、重要なこととして、減量(ダイエット)して痩せたからといって、膝関節の障害が完治するわけではないという点は忘れてはいけません。あくまでも、膝関節に過度の負担をかけないようにするために減量療法(ダイエット)を行うのですが、それは膝痛・関節痛の防止という観点から考えても非常に重要なことです。減量療法(ダイエット)に関しては、忍耐も必要となりますが、膝痛・関節痛だけではなく、高血圧症や糖尿病などをはじめとする生活習慣病を予防するためにも必要なことですから、標準体重を目安に適切な体重を目指すようにしましょう。

≫次のページ「膝痛時に関節に良い食事・栄養素:不足しがちなカルシウムやビタミンDを積極的に」≫

 

◇「膝関節痛の運動療法・セルフケア」の関連記事◇

膝痛の治療のマメ知識
 ・医院に行く目安の病状や科目
 ・膝痛時の杖の使用
 ・入浴マッサージの効果
 ・膝痛に効果的なストレッチング
 ・家庭で可能な膝の治療法
膝痛対策の運動療法
 ・運動療法とは避けるべき場合
 ・筋力強化の運動療法
 ・ストレッチングの要点方法
 ・膝筋肉鍛錬の要点方法
 ・膝痛軽減する歩行療法
 ・水中ウォーキング
膝痛の病気のマメ知識
 ・膝痛を起こす肥満(メタボ)
 ・膝痛(変形性関節症)の遺伝性
 ・正座が起こす膝痛

膝・膝関節の仕組み
 ・膝関節の構造と働き
 ・膝の動作に関わる筋肉

膝・膝関節の検査と診断法

 ・膝の痛みの問診と検査
 ・膝の基本的な検査
 ・膝の病気を鑑別する検査
腰痛の検査・診断
 ・医師に診せるタイミング
 ・問診での病状の伝え方(要点)
 ・整形外科での診察方法
 ・腰痛に受診したときの検査例
自宅でのセルフケア・対処法
 ・急性腰痛の対処法
 ・慢性的・繰り返す腰痛の対処法
 ・冷やす・温める対処療法
  @冷やす場合 A温める場合
 ・腰痛の薬物療法
  ・腰痛の薬剤の適切な扱い方
  ・腰痛に使用される外用薬
整形外科の治療法について
 ・日常生活の注意事項
 ・早期治療の生活習慣
 ・保存療法 薬物療法
  装具療法・温熱療法
 ・手術療法の留意事項
腰・関節の症状
@腰や背中の症状
 ・腰が痛い
 ・背中が痛い
 ・背骨が曲がる(姿勢の異常)
A首や肩の症状
 ・首・肩こりが酷い
 ・首・肩が痛い(動かせない)
B上半身・全身の症状
 ・腕が痛い(力が入らない)
 ・手指が痛い(手足が痺れる)
 ・手指がぎこちない
 ・手足が脱力・麻痺する
C下半身・全身の症状
 ・脚が痛い
 ・お尻から脚への放散痛・痺れ
 ・歩きにくい(長く歩けない)
 ・股関節が痛い(歩けない)
 ・骨折しやすい


突発性難聴
突発的な難聴対策や原因の解説、難聴に関連する病気全般の対策まとめサイト
toppatu.com

咳・痰
咳(セキ)や痰(タン)などが症状に出る病気や原因・セルフケアなどのまとめサイト
sekitann.com

甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
koujousen.net
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・