腰痛い.COM
腰が痛い 首・肩こり 首・肩が痛い 腕が痛い・痺れる 歩きにくい 関節リウマチ
背中が痛い 手指が痛い・痺れる 脚が痛い 股関節が痛い 動くと膝が痛い 安静時も膝が痛い
 腰痛い > 椎間板ヘルニア サイトマップ
腰痛(ようつう)の病気

腰や背中の症状
 ・腰が痛い
 ・背中が痛い
 ・背骨が曲がる(姿勢の異常)
首や肩の症状
 ・首・肩こりが酷い 
 ・首・肩が痛い(動かせない)
上半身・全身の症状
 ・腕が痛い(力が入らない)
 ・手指が痛い(手足が痺れる)
 ・手指がぎこちない
 ・手足が脱力・麻痺する
下半身・全身の症状
 ・脚が痛い
 ・お尻から脚への放散痛み・痺れ
 ・歩きにくい(長く歩けない)
 ・股関節が痛い(歩けない)
 ・骨折しやすい
膝・膝関節の症状
 ・動くと膝が痛い(可動時痛)
 ・安静時も膝が痛い(安静時痛)

腰痛(ようつう)の病気

腰椎(腰痛症)の病気
 @腰痛の痛み方の種類
 A腰に起因する脚の痛みや痺れ
 B起きている事 C原因別腰痛
 D治療の基本的な考え方
 ・腰椎の病気
 ・ぎっくり腰(急性腰痛)
 ・腰椎の外傷  ・スポーツ障害
 ・腰椎症(変形腰椎症など)
 ・椎間板ヘルニア
 ・脊柱管狭窄症
 ・心因性腰痛
頚椎・胸椎(背骨の首)の病気
 @起きている事 A疾患の種類
 B病気予防   C治療の基本
 ・頚椎症(頚椎椎間板ヘルニア)
 ・頚肩腕症候群(肩こり)
 ・胸郭出口症候群
 ・脊柱靭帯骨化症
 ・頚椎捻挫(むち打ち症)
 ・頚椎・胸椎の外傷
 ・骨粗鬆症 ・脊椎骨折
 ・脊椎腫瘍 ・脊髄腫瘍
 ・リウマチ性脊椎炎
 ・強直性脊椎炎 ・破壊性脊椎症
 ・感染性脊椎炎
  @化膿性  A結核性
 ・転移性脊椎腫瘍
 ・脊柱弯曲異常
  @脊柱側弯(脊柱弯曲異常)
  A脊柱後弯(脊柱弯曲異常)
 ・整形外科以外の病気 

腰痛(ようつう)の日常生活セルフケア

整形外科の治療法について
 ・日常生活の注意事項
 ・早期治療の生活習慣
 ・保存療法 @薬物療法
  A装具療法・温熱療法
  B神経ブロック療法・牽引療法
  Cマッサージ・運動療法
 ・手術療法の留意事項
より良い治療の豆知識
 ・背骨・腰部の病気の特徴
 ・医療機関の選び方・見極め方
 ・医師とのより良い関係の構築

自宅でのセルフケア・対処法
 ・急性腰痛の対処法
 ・慢性的・繰り返す腰痛の対処法
 ・冷やす・温める対処療法
  @冷やす場合 A温める場合
 ・腰痛の薬物療法
  ・腰痛の薬剤の適切な扱い方
  ・腰痛に使用される外用薬

腰痛(ようつう)の基礎知識

 ・医師に診せるタイミング
 ・問診での病状の伝え方(要点)
 ・整形外科での診察方法
 ・腰痛に受診したときの検査例
検査・判明事項 
  @まず画像エックス線検査
  A骨・神経異常はMRI検査
  B血液検査や詳細な画像検査
検査の見方・医師対応
 ・腰痛の検査結果の見方・分析
 ・基本的な治療方針の立て方
 ・医師とのコミュニケーション

椎間板ヘルニアA

- 腰痛(ようつう)の病気

腰が痛い病気・症状

診断:神経障害を調べ椎間板の画像検査を

 問診では、痛くなったきっかけや腰痛の頻度が大切です。ぎっくり腰のような急性腰痛を何回も繰り返しているのか、繰り返しの間隔はどれくらいなのかといったことです。間隔が短くなっているときには、椎間板(ついかんばん)ヘルニアが進んでいることが推測されます。腰痛の現れ方や程度の他、脚に症状があるか、どんな症状かなどを聞きます。
 次に、腰を動かしながら診察をします。前屈や後屈の姿勢、ひねりの動作で、どこまで動かせるか、どの方向で痛みが発生するのかを調べます。
 坐骨神経(ざこつしんけい)の検査では、「下肢伸展拳上(かししんてんきょじょう)テスト」を行います。その他、アキレス腱や膝蓋腱(しつがいけん)の反射、脚に触れたときの感覚、脚や足指の筋力などを調べるテストも行います。
 画像検査は、エックス線検査とMRI検査を行います。特にMRIが重要です。エックス線では骨の状態をみることが出来ますが、椎間板や神経の状態はMRIでないとわからないからです。MRIでは、ヘルニアがあることだけではなく、どの神経をどの程度圧迫しているのかが確認できます。

@働き盛りを悩ます腰痛・坐骨神経痛の原因

治療法:椎間板ヘルニアは保存療法でほぼ回復

 治療では、まず痛みが激しい急性期には、いちばん痛みが出にくい姿勢で安静にすることが第一です。
 痛みに対しては、消炎鎮痛剤や筋弛緩薬(きんしかんやく)を用います。激痛のときには、神経ブロックが有効です。刺激されている神経根の周囲に、局所麻酔薬とステロイド薬を注入します。周辺の炎症を抑えることで痛みが軽減されます。
 こうした治療は、急性期の強い痛みには有効ですが、椎間板ヘルニアの大部分は、発症から1週間ほど寝ていれば治まるものです。いつまでも漫然と消炎鎮痛薬を使ったり、神経ブロックを繰り返すのは勧められません。
 そのほか、患部を温める温熱療法を行ったり、軟性コルセットを用いるのも、腰痛の軽減に役立ちます。牽引(けんいん)療法なども行われています。また、痛みが治まってきたら、再発予防のために腰痛体操などで腹筋や背筋の筋力を強化することも大切です。

@働き盛りを悩ます腰痛・坐骨神経痛の原因

麻痺や生活上の不便があるなら手術も必要

 椎間板ヘルニアの治療では、保存療法が基本です。そして、ヘルニアの約3分の1は自然に消退します。しかし、麻痺(まひ)が強かったり、脱力による筋力低下が著しい時、保存療法を行っても痛みが治まらず、生活に支障があるようなときには、手術を考えます。特に、麻痺などの神経症状は長引くと回復しにくいので、強い麻痺があるときには、早めの手術が勧められます。また、排尿にも異常があるような場合には、早急に手術が必要です。
 手術は、背中側から切開して行う「ラブ法」が一般的です。最近では、切開部が小さくてすむ内視鏡下手術や顕微鏡下手術なども行われています。
 切開しない手術法もあります。「経皮的髄核摘出術(けいひてきずかくてきしゅつじゅつ)」と言われるのは、椎間板に5ミリメートルほどの管を挿入して、髄核を抜き取り、内圧を減らすものです。また、皮膚から椎間板に針を刺して、その先端からレーザーを照射して髄核を蒸散させるレーザー治療もあります。これらは、ヘルニアのタイプによって、効果のあるものが限られます。

≪初めの記事「@働き盛りを悩ます腰痛・坐骨神経痛の原因」へ

 

腰痛(ようつう)の基礎知識
 ・腰痛とは何?
 ・腰痛の原因はどんなもの?
 ・背骨の仕組みと腰痛の関係は?
 ・腰痛の付随症状に要注意
 痛み方で原因を把握する方法
  @症状は急性か?慢性か?
  A痛む時は運動時?安静時?
  B痛む範囲は局所?放散?

・腰痛対策のアドバイス
 ・どんな腰痛かを把握すること
 ・痺れや感覚鈍化は軽視はダメ
・腰痛のマメ知識
 ・「腰痛症」とは何なの?
 ・腰痛の原因は様々に出てくる
 ・腰痛時、腰椎で何が起きてる?
 ・背骨の役割?内臓や血管守る
 ・神経障害の症状の特徴は?
腰・関節の症状
@腰や背中の症状
 ・腰が痛い
 ・背中が痛い
 ・背骨が曲がる(姿勢の異常)
A首や肩の症状
 ・首・肩こりが酷い
 ・首・肩が痛い(動かせない)
B上半身・全身の症状
 ・腕が痛い(力が入らない)
 ・手指が痛い(手足が痺れる)
 ・手指がぎこちない
 ・手足が脱力・麻痺する
C下半身・全身の症状
 ・脚が痛い
 ・お尻から脚への放散痛み・痺れ
 ・歩きにくい(長く歩けない)
 ・股関節が痛い(歩けない)
 ・骨折しやすい


突発性難聴
突発的な難聴対策や原因の解説、難聴に関連する病気全般の対策まとめサイト
toppatu.com

咳・痰
咳(セキ)や痰(タン)などが症状に出る病気や原因・セルフケアなどのまとめサイト
sekitann.com

甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
koujousen.net
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・