腰痛い.COM
腰が痛い 首・肩こり 首・肩が痛い 腕が痛い・痺れる 歩きにくい 関節リウマチ
背中が痛い 手指が痛い・痺れる 脚が痛い 股関節が痛い 動くと膝が痛い 安静時も膝が痛い
 腰痛い > 破壊性脊椎症 サイトマップ
腰痛(ようつう)の病気

腰や背中の症状
 ・腰が痛い
 ・背中が痛い
 ・背骨が曲がる(姿勢の異常)
首や肩の症状
 ・首・肩こりが酷い 
 ・首・肩が痛い(動かせない)
上半身・全身の症状
 ・腕が痛い(力が入らない)
 ・手指が痛い(手足が痺れる)
 ・手指がぎこちない
 ・手足が脱力・麻痺する
下半身・全身の症状
 ・脚が痛い
 ・お尻から脚への放散痛み・痺れ
 ・歩きにくい(長く歩けない)
 ・股関節が痛い(歩けない)
 ・骨折しやすい
膝・膝関節の症状
 ・動くと膝が痛い(可動時痛)
 ・安静時も膝が痛い(安静時痛)

腰痛(ようつう)の病気

腰椎(腰痛症)の病気
 @腰痛の痛み方の種類
 A腰に起因する脚の痛みや痺れ
 B起きている事 C原因別腰痛
 D治療の基本的な考え方
 ・腰椎の病気
 ・ぎっくり腰(急性腰痛)
 ・腰椎の外傷  ・スポーツ障害
 ・腰椎症(変形腰椎症など)
 ・椎間板ヘルニア
 ・脊柱管狭窄症
 ・心因性腰痛
頚椎・胸椎(背骨の首)の病気
 @起きている事 A疾患の種類
 B病気予防   C治療の基本
 ・頚椎症(頚椎椎間板ヘルニア)
 ・頚肩腕症候群(肩こり)
 ・胸郭出口症候群
 ・脊柱靭帯骨化症
 ・頚椎捻挫(むち打ち症)
 ・頚椎・胸椎の外傷
 ・骨粗鬆症 ・脊椎骨折
 ・脊椎腫瘍 ・脊髄腫瘍
 ・リウマチ性脊椎炎
 ・強直性脊椎炎 ・破壊性脊椎症
 ・感染性脊椎炎
  @化膿性  A結核性
 ・転移性脊椎腫瘍
 ・脊柱弯曲異常
  @脊柱側弯(脊柱弯曲異常)
  A脊柱後弯(脊柱弯曲異常)
 ・整形外科以外の病気 

腰痛(ようつう)の日常生活セルフケア

整形外科の治療法について
 ・日常生活の注意事項
 ・早期治療の生活習慣
 ・保存療法 @薬物療法
  A装具療法・温熱療法
  B神経ブロック療法・牽引療法
  Cマッサージ・運動療法
 ・手術療法の留意事項
より良い治療の豆知識
 ・背骨・腰部の病気の特徴
 ・医療機関の選び方・見極め方
 ・医師とのより良い関係の構築

自宅でのセルフケア・対処法
 ・急性腰痛の対処法
 ・慢性的・繰り返す腰痛の対処法
 ・冷やす・温める対処療法
  @冷やす場合 A温める場合
 ・腰痛の薬物療法
  ・腰痛の薬剤の適切な扱い方
  ・腰痛に使用される外用薬

腰痛(ようつう)の基礎知識

 ・医師に診せるタイミング
 ・問診での病状の伝え方(要点)
 ・整形外科での診察方法
 ・腰痛に受診したときの検査例
検査・判明事項 
  @まず画像エックス線検査
  A骨・神経異常はMRI検査
  B血液検査や詳細な画像検査
検査の見方・医師対応
 ・腰痛の検査結果の見方・分析
 ・基本的な治療方針の立て方
 ・医師とのコミュニケーション

破壊性脊椎症

- 腰・関節などの病気

 

 腎臓病や糖尿病の合併症で腎不全になり、血液透析を長期間続けている患者さんに特有の病気として、破壊性脊椎症があります。背骨の中でも、主に頚椎に異常が起こる病気です。

破壊性脊椎症

破壊性脊椎症の原因と症状

血液透析の合併症で主に頚椎の骨や軟骨を破壊

 破壊性脊椎症(ハカイセイ・セキツイショウ)は、背骨に異常タンパクが沈着するために骨形成に異常が起こり、骨や軟骨が破壊される病気です。破壊性脊椎症は、遺伝的要因で起こる「アミロイドーシス」という病気で見られるほか、長期間にわたって血液透析を受けている患者さんに起こることが判明しています。血液透析が要因となって起こる背骨の病気を総称して「透析性脊椎症(トウセキセイ・セキツイショウ)」と言います。
血液透析が原因となるのは、透析膜を透過できない異常タンパクが血液中に残り、これが脊椎(セキツイ)や椎間板に沈着するためです。そのため骨代謝に異常が起こって、骨や軟骨が破壊されてしまうのです。
 また、透析療法(トウセキ・リョウホウ)の患者さんには「腎性骨異栄養症」も多く見られます。骨形成に必要なカルシウムの吸収や骨への定着が悪く、骨粗鬆症(コツソショウショウ)の人も多いのです。こうした条件が重なって骨の代謝異常が起こるため、骨や軟骨の破壊が進みやすい傾向があります。
病変は、頚椎(ケイツイ)に発生するケースが圧倒的に多く、腰椎(ヨウツイ)や胸椎(キョウツイ)はマレです。なかでも第4、第5頚椎に多く見られます。
 症状のほとんどは首の痛みです。骨が破壊されて頚椎がずれたり、椎間板(ツイカンバン)の破壊で椎体同士がくっついて変形したために、神経根を刺激・圧迫することもあります。この場合は首から腕にかけて痛みが走ったり痺れたりします。脊髄(セキズイ)が圧迫された場合は、麻痺(マヒ)が起こることもあります。
 そのほか、後縦靭帯(コウジュウ・ジンタイ)や黄色靭帯(オウショク・ジンタイ)に異常タンパクが沈着して靭帯が厚くなったり、隆起して、脊髄を圧迫することもあります。この場合にも、麻痺(マヒ)症状が発症します。

破壊性脊椎症

破壊性脊椎症の診断・治療方法

明確な神経障害が見られる場合には手術を検討

 破壊性脊椎症の検査では、エックス線検査を行い、頚椎(ケイツイ)の破壊の程度を確認します。しびれや麻痺(マヒ)が起こっている場合には、神経と脊髄(セキズイ)の状態を調べるためにMRI(磁気共鳴画像)検査が必要です。
 血液透析を受けている人の場合には、この病気を疑いますが、頚椎椎間板ヘルニアなど、ほかの病気との鑑別も必要となります。
 破壊性脊椎症は、早期〜末期の3段階に分類されます。末期になると、骨や椎間板(ツイカンバン)の破壊がかなり進行していきます。ただし、骨の破壊が起こっていても、特に症状がなければ治療は必要ありません。また、痛みがあっても神経・脊髄障害がなければ、保存療法で経過を観察します。
 保存療法では、頚椎カラーで頚椎に加わる負担を軽減したり、薬物療法で痛みを取り除きます。非ステロイド性消炎鎮痛薬の外用薬が中心となります。
 脊髄圧迫症状があるときは、手術で圧迫を取り除く必要があります。ずれた頚椎の位置を整復して除圧し、再びずれないように金属の器具で固定します。ただし、その後に別の部位で破壊が進むことがあるため、1回の手術で済まないケースもあります。

 
腰痛(ようつう)の基礎知識
 ・腰痛とは何?
 ・腰痛の原因はどんなもの?
 ・背骨の仕組みと腰痛の関係は?
 ・腰痛の付随症状に要注意
 痛み方で原因を把握する方法
  @症状は急性か?慢性か?
  A痛む時は運動時?安静時?
  B痛む範囲は局所?放散?

・腰痛対策のアドバイス
 ・どんな腰痛かを把握すること
 ・痺れや感覚鈍化は軽視はダメ
・腰痛のマメ知識
 ・「腰痛症」とは何なの?
 ・腰痛の原因は様々に出てくる
 ・腰痛時、腰椎で何が起きてる?
 ・背骨の役割?内臓や血管守る
 ・神経障害の症状の特徴は?
腰・関節の症状
@腰や背中の症状
 ・腰が痛い
 ・背中が痛い
 ・背骨が曲がる(姿勢の異常)
A首や肩の症状
 ・首・肩こりが酷い
 ・首・肩が痛い(動かせない)
B上半身・全身の症状
 ・腕が痛い(力が入らない)
 ・手指が痛い(手足が痺れる)
 ・手指がぎこちない
 ・手足が脱力・麻痺する
C下半身・全身の症状
 ・脚が痛い
 ・お尻から脚への放散痛み・痺れ
 ・歩きにくい(長く歩けない)
 ・股関節が痛い(歩けない)
 ・骨折しやすい


突発性難聴
突発的な難聴対策や原因の解説、難聴に関連する病気全般の対策まとめサイト
toppatu.com

咳・痰
咳(セキ)や痰(タン)などが症状に出る病気や原因・セルフケアなどのまとめサイト
sekitann.com

甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
koujousen.net
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・